2016年の幕開けイベントが決まりました!


Little Lounge * Little Twinkle + swimmingpoo1


日付2/7(日)開場 18:00 / 開演 18:30

【会場】おんがくのじかん(三鷹)

料金 予約 1200円 当日 1500円 +ドリンクオーダー

【ご予約メールアドレス】 little.lounge.info@gmail.com

お名前(フリガナ)、人数、連絡先メールアドレスをご記入の上ご送信下さい。


久しぶりのswimmingpoo1と!

一時間くらいたっぷりと演奏します。

学生の方々にも見て頂きたくて念願だった事、

会場やswimmingpoo1のご理解の元ご予約の料金をお安くしてみました。

真冬にほっかりしに来てくださいませ。お待ちしております!

12359652_747889655343396_823055680_o.jpg

ギターポップレストラン5周年、おめでとうございます。
今度は渋谷でパーティです!

二つの会場で朝から夜までギターポップ!
LLLTは昼の部に参加します!!

パーカッションに杉本清隆、ベースにグルーヴあんちゃんの
お二人のスーパーサポートミュージシャンをお迎えして、
張り切って演奏します!ぜひお越しください。
P7114825.JPG


Guitar Pop Restaurant vol.29
~5th Anniversary Party in Tokyo~

日時:2015年12月13日(日)
昼の部:OPEN 12:30/START 13:00
夜の部:OPEN 18:50/START 19:20
会場:渋谷LUSHHOME  ※ライブハウス内禁煙
料金:adv. 昼の部:¥2,800 夜の部:¥2,800 一日券:¥3,800
(各+1drink、door. +¥500)
======昼の部======
LIVE:青野りえ&hums / three-weeks-old lovesick puppy / TWEEDEES / POLLYANNA /Mr.COCKROBIN / risette (MINI LIVE) / Little Lounge*Little Twinkle / waffles
DJ:上野翔 (ex.OK?NO!!) / 片岡知子 (instant cytron) / グルーヴあんちゃん / なかむらかずみ (Guitar Pop Restaurant)
===============
======夜の部======
LIVE:yes, mama ok? / エイプリルズ / the Caraway / 杉本清隆 (orangenoise shortcut) /humming parlour / POLTA / ゆーじと秋成 (MINI LIVE) / and more...
DJ:ササキアツシ (Melting Holidays) / シンゴ (ときめきエキスプレス、マッカチン企画) / 森野誠一 (risette)
===============
SWEETS:okashico.

ご予約はこちらから→ Guitar Pop Restaurant vol.29

GPR29.jpg
今日はLittle Lounge*Little Twinkle、来春発売予定の3rd albumレコーディング風景から。

秋晴れがとても清々しい10月某日の都内某所。
Little Lounge*Little Twinkleの木田さん、チエさんは
先日のタゴスタジオ高崎に続いて、来春発表予定の3rd albumのレコーディングを行いました。

この日は3rd album収録曲のうち、2曲のレコーディング。
どうしてこの2曲かというと、それは・・・。後でわかります!

まずはチエさんから仮歌を入れていきました。147.JPG
そして木田さん。154.JPG
日のタゴスタジオ高崎では、楽曲の演奏の他、歌入れをしているのですが、
まだ完成はしていないのです。
一つ一つ細かい部分の音を慎重に確認しながら。誰もが真剣です。

そして、木田さん、チエさんの仮歌を入れ終えたところで、
景子さんのヴィオラのレコーディングが始まりました。
164.JPG

157.JPG
そうなんです。次の3rd albumでは、景子さんのヴィオラが入る曲が2曲あるのです。
どの曲でしょうね。楽しみですね!
161.JPG
景子さん、しあわせがいっぱい溢れていて、素敵な笑顔ですね!

仮歌を入れた演奏に合わせながら演奏した景子さんのヴィオラの音は、
まるで木田さん、チエさん、景子さんの3人で一緒に歌っているようでもありました。
この楽曲の情景や物語がますます鮮明になり、生き生きとしてくるようでした。

そして実は3rd albumには、LLLTのちょっとした遊び心も入っているのです。
ヒントは、「景子さんのヴィオラ演奏のレコーディングの後」です。
こちらは来春発表の3rd albumでお楽しみくださいませ!

まだまだアルバム制作は続きます。またこの模様も潜入レポいたします!
Little Lounge*Little Twinkleライブレポートも今回で最終回。その4いってみましょう。

会場からのたくさんのアンコールの拍手の中、再びきださん、チエさんの2人が登場。
アンコール1曲目は「blue raindrops」。

081.JPG
演奏を心から楽しんでいる笑顔の木田さん、チエさんのおふたり。満面の笑顔!

そして杉本清隆さん、グルーヴあんちゃんの4人編成になったところで。

4人編成になったところで。

もお、もったいぶって~という声、聞こえてきましたよ。スペシャルゲストが登場したんです。


なんと、景子さん!

094.JPG
会場もおおーっ!と歓声が上がりました。
景子さん、お腹がふっくらとされて幸せそうな笑顔が素敵ですね。

そしてアンコール2曲目は「TOT Phenomenon」(2nd album hvit収録)
景子さんのヴィオラも入って5人編成での演奏。
こちらは動画をお楽しみください。


皆さんご存知だと思うのですが、景子さんのヴィオラ、それはそれは迫力がありました。
優しい表情でありながら、紡ぎだされる音は強く、全方位に放射するように響き、
それはそれは会場内、圧倒されていました。

演奏が終わり、ほっとした表情の5人。
会場は大きな拍手とともに今夜の音楽会も無事に終わりました。

きださんのMCにもあったのですが、実はあさのみゆきさんも会場内にいらしゃっていたのです。
LLLT新旧メンバーが揃った、とても貴重な夜だったんです。

会場内のお客さまもお帰りになられ、今日ご出演のbabiさん、オガワマユさん、そして
Little Lounge*Little Twinkle、きださん、チエさん、田中景子さん、杉本清隆さん、
グルーヴあんちゃんみんなで記念撮影。
106.JPG
皆さん笑顔でよい表情ですね!

この夜は本当によいライブでした。
今夜の「摩訶不思議なのにグッとくる一夜限りの音楽会」を一番楽しんでいたのは
誰かと言われたら、それはワタクシ、いや、この日会場にいらっしゃった皆様。
そして今日出演の皆さん、スタッフ、原宿ストロボカフェの皆様、全員が心の底から楽しんでいて、
ここにいた全員でひとつの作品を創り上げたかのような一夜となりました。

LLLTファンの皆様、当日の様子が少しは伝わりましたか?

今回、会場にお越しになれなかった方にも、「摩訶不思議なのにグッとくる一夜限りの音楽会」の
雰囲気が伝わり、少しでも楽しんで頂けたら嬉しいです!
最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

【2015年9月26日(土)Little Lounge*Little Twinkle セットリスト】
1.さらっと
2.White kidnapper
3.ポップコーンステップ
4.夢みさせるカートゥーン
5.WONDER TOUR
6.素敵じゃないか
7.foggy days
8.逆立ちレシピ
9.逃げてやる

~アンコール~
1.blue raindrops
2.TOT Phenomenon

さてさて、Little Lounge*Little Twinkleのライブレポートその3です。

4曲目は「夢みさせるカートゥーン」(来春発表の3rd album収録予定)。
こちらは動画でお楽しみください。
ちょうど楽曲の最後の部分なのですが、LLLTの「絵本ポップ」の世界を表しています。
音も歌詞もとても可愛いんです。
♪ジェリービーンズの雨が降り注ぐ~。

5曲目「WONDER TOUR」(来春発表の3rd album収録予定)。

こちらの動画は舞台袖から撮影をしました。覗き見してみました。
客席からではなく、こんなアングルから観れるのはなかなかないですね!

次の動画も舞台袖から一緒に覗いてみましょう。


ファンの皆様もLLLTの楽曲を色んな楽しみ方で聴かれていると思います。
私が思うLLLTの楽曲の魅力のひとつは、
歌詞が無くても、曲だけでその情景がありありと浮かぶことなのです。
あっ、こういう情景かなとメロディと楽器の演奏だけで、頭や心に浮かんでくるのです。
浮かんでくることもあれば、インスピレーションを刺激されることもあります。

さすがは映画音楽やCM音楽でも活躍されているきださん、チエさんです。
歌詞を一緒に口ずさむのも気持ちがいいし、楽曲だけを聴いても楽しむことができて、
奥が深いなーと思います。

6曲目「素敵じゃないか」(2nd album hvit 収録)
こちらはもうLLLTファンの皆様にはお馴染みの曲ですよね!

7曲目「foggy days」(来春発表の3rd album収録予定)。
これはこれからのライブや来春発表のアルバムでもぜひ聴いてほしいのです。
私が初めて聴いたのが、「モダンホラー」という朗読劇とのコラボライブの時だったのですが
この曲がずっと頭から離れなかったのです。

055.JPG

LLLTのこれまでの楽曲と比べて新境地とも言えるのではないでしょうか。
歌詞とメロディが、少し大人っぽく艶がある情景も浮かぶ描写もあり、
心にグッと真っ直ぐ響きます。
会場のお客さまの中で、とてもこの楽曲を気に入られた方もいらっしゃいました。

8曲目は「逆立ちレシピ」(2nd album hvit 収録)
ファンお待ちかねの逆立ちレシピ。
チエさんバージョンもとても可愛くて素敵な曲でした。

ラストを飾る9曲目「逃げてやる」(来春発表の3rd album収録予定)。
こちらは動画でお楽しみください。



この「逃げてやる」2本目の動画、ぜひ最後の方もご覧いただきたいのです。
ワタナベ、この「逃げてやる」の最後の部分で、グッとくるんです。
まさしく今日の「摩訶不思議なのにグッとくる一夜限りの音楽会」のラストを飾るのにふさわしい
演奏でしたよ。

Little Lounge*Little Twinkle の演奏が終わり、ストロボカフェ原宿の会場は
大きな大きな拍手の後、やがてアンコールの拍手に包まれました。

もちろん、これで終わるわけはありません。
再びLittle Lounge*Little Twinkle、きださん、チエさん、おふたりで登場。

そして、アンコールが始まったのですが、もお、もお、それはびっくりのサプライズゲストが
待っていたとは、この時、会場のお客さまは誰も知らなかったのです。

えっ、そんな~という声も聞こえてきそうですが、この誰もがびっくりしたアンコールの模様は
その4に続きます。
皆様、お待たせしましたLittle Lounge*Little Twinkleのライブレポートその2、いってみましょう。

そうそう、会場の皆さまにあらかじめセットリストとアンケートをお配りしました。

006.JPG

こちら、ファンの皆様にはお馴染みの前のボーカル、
LLLTの応援団長、あさのみゆきさん制作によるもの!

背景や文字の色あい、LLLTの音の世界観をとても上手く表していて
うわー可愛い!と思わず頬がほころんでしまいました。
写真にはないのですが、セットリストには後ろ向きの黒猫ちゃんが描いてあったんですよ。


さて、本題。Little Lounge*Little Twinkleの出番がやってきました。
きださん、チエさん、おふたりの演奏による「さらっと」(2nd album 「hvit」 収録)からスタート。
チエさんの透き通る声とピアノ、きださんのやわらかく包み込む歌とギター
この掛け合いがすごく心地良くて、会場はやわらかくLLLTの音世界に包み込まれていきました。

2曲目は「white kidnapper」(1st album 「STITCH」 収録)。こちらはまず動画でお楽しみください。






私、この曲を聴くたびにハラハラ、ドキドキするんです。
ライブ会場で聴くのが初めてだったのですが、もうドキドキしてました。
今日の「摩訶不思議なのにグッとくる音楽会」にふさわしい楽曲。

そこは摩訶不思議な音世界、絵本の国に魅せられ、
そこから抜けだせないかのような感覚になります。
会場のお客さまもそんな摩訶不思議な音世界に迷い込んでいるかのようでした。

さて、ここで、サポートパーカッションの杉本清隆さん、
サポートベースのグルーヴあんちゃんが加わり4人編成での演奏が始まりました。

049.JPG

3曲目は、「ポップコーンステップ」(来春発表の3rd album 収録予定)。
きださんのMCで、この曲がどうやってできたのかのお話も聞くことができましたよ。

ゆったりしていて、杉本清隆さんのパーカッションの素朴な音や、
チエさんのトイピアノの音色がファンタジックで
雨の中でも傘をさして散歩に出かけそうになる曲なんです。

でも、LLLTのファンの皆様はよくご存知だと思うのですが、
よく聴いてみると、歌詞がファンタジーだけで終わらず、
どこかリアルでシニカルなのです。
ぜひこれはライブや来春発表のアルバムで確かめてほしいと思います。

さてさて、4曲目は・・・。

もういいから早く続きを!というお叱りの声も聞こえてきそうですが、
続きはその3でお楽しみください~。

9月26日(土)Little Lounge*Little Twinkle  オガワマユ  babi ライブレポートその1

001.JPGのサムネール画像

秋の穏やかな気候に恵まれたこの日、原宿竹下通りも人で賑わっていました。

前置きはさておき、本題です。
竹下通りから左の脇道に入り一本入ってすぐの原宿ストロボカフェで開催された
Little Lounge*Little Twinkle  オガワマユ  babiライブレポートいってみましょう!

005.JPG

開場前の原宿ストロボカフェです。
今夜はLittle Lounge*Little Twinkle、オガワマユさん  babiさんの繰り広げる
どんなライブになるんでしょう。期待も高まります。

この日もスタジオでのリハを終えて会場に到着したLittle Lounge*Little Twinkle 木田さん、チエさん。
そしてサポートパーカッションの杉本清隆さん、サポートベースのグルーヴあんちゃん
準備万端、気合十分。

会場での最終リハーサルの様子。009.JPG
最終リハーサル。もちろん誰もが真剣です。

そしてリハーサル無事に終了。後は本番を迎えるだけとなりました。020.JPG

杉本清隆さんグルーヴあんちゃん、気合入ってます!こっち向いてポーズ!

いよいよ開演30分前。会場の外ではすでに列ができていました。
順次入っていく客席。

いよいよ最初の出番はbabiさんからスタート。
2人のサックス、バイオリンを率いて3人での演奏
babiさんの音楽はとてもリズミカルで心地いいんです。
それでいてとても凝った音作りをされています。実際の演奏がいいです!
途中のMCではそれぞれの楽曲の背景や今日はとても調子がよいとのお話、
とても自然体のbabiさんに会場のお客さんも思わず笑顔で和やかな雰囲気に包まれました。
楽曲もその素顔もとてもチャーミングで可愛いbabiさんでした。

20150926babisan08.png

続いてはオガワマユさん。ピアノでの独演。
今日は摩訶不思議というテーマに沿ってセットリストを考えてこられたとのこと!
オガワマユさんの楽曲を聴いたことがある方はわかると思うのですが
とても力強い音で、声も響き渡り、心に真っ直ぐグッとくるんです。
会場内のお客様、誰もが聴き入る迫力。生演奏をぜひ一度は観て欲しいです。01_ogawamayu.jpg

babiさん、オガワマユさんの演奏が終わり、
この頃には立見のお客様もいらっしゃって原宿ストロボカフェはほぼ満員。
グルーヴあんちゃん選曲のクールなDJで会場はさらに熱気を帯びてきました。

さていよいよお待ちかね、Little Lounge*Little Twinkle、始まりますよ~。

その2に続く
9月26日に自主イベントを開催する事になりました!

~ Little Lounge*Little Twinkle  オガワマユ  babi ~

18:30 open 19:00 start

予約2500円 当日3000円

時間 : 18:30オープン 19:00スタート
場所 : 原宿ストロボカフェ

渋谷区神宮前1-20-13ディアテックビル1F
地図リンク : http://www.strobe-cafe.com/harajuku/access/


ご予約アドレスは以下です。
reserve_0926_lllt@yahoo.co.jp
※お名前(フリガナ)、人数、連絡先メールアドレスをご記入の上ご送信下さい。
ぜひご利用ください。

LLLTはサポートミュージシャンに、
パーカッション杉本清隆さん
http://blog.orangenoise-shortcut.com/
ベースにグルーヴあんちゃんさん
http://groove-unchant.jimdo.com/


をお迎えしてお届けいたします!

P7114833.JPG
めちゃめちゃHappyな演奏になると思います!お楽しみに!


■オガワマユ



歌う、ピアノを弾く、曲を書く、音楽をする。
2015年3月、待望の2ndフルアルバム「day break day」をストロボレコードよりリリース、
完全セルフプロデュースによる意欲作をひっさげ、
2015年7月にはリリースツアーファイナルとなるバンドセットワンマンライブを渋谷WWWにて開催。精力的にその魅力を伝えてゆく。

唯一無二の世界観、揺るぎない音楽性の高さは着実に多くの支持を集める。
http://mayulala.com

LLLTコメント :

オガワマユさんの声をきくと、空に包まれるような気持ちがします。
太陽のひかりが昼と夜とのあわいにはじけるような色がみえます。
そしてピアノを聴くと、なにげなく佇み続く道のような、 さりげなさと、やさしい強さを感じます。
世界はうつくしいけれど、時々はっとするようなかなしみも隠している。
そんなことをふと、思い出させてくれるような音楽です。
深水チエ

どうしてこんなにグッとくるんだろう?
オガワマユさんの音楽は、そんな素朴な不思議に包まれています。
ご本人はキュートで誠実で、楽しい人。 誰もが好きになります。 ズルいです。
きだしゅんすけ


Babi
 



composer

作品づくりの他、CM音楽•映像•展示の為の音楽などを制作
uffufucucu label主謀

1st album『6色の鬣とリズミカル』
2nd album『Botanical』

展示
uffufucucuの図形楽譜
山口洋佑 × Babi × BYT "okiokogu" 展

iambabi.net


 LLLTコメント :
万華鏡のように散らばる色彩、気配、ひかり。 薄闇の森に迷いこむ、こわくない、
すこしこわい。 babiさんの曲を聴くといつも、
目覚めてすぐに記憶に霞む、夢の残り香を感じるような気持ちがします。
そんな夢の先を、覗きこみたくなる誘惑のかおりが、 音楽からたえず漂っているように思うのです。
深水チエ

パラパラとさらさらと音が鳴る。それが音楽に生る。奇跡の瞬間。
babiさんは音楽の奇跡を持ってる人。奇跡の時間を作れる人。
きだしゅんすけ


■Little Lounge*Little Twinkle



多彩な楽器を操る二人組のオーケストラ。
想像力を掻き立てられるフレーズ、望郷心と摩訶不思議な進行。
大胆な楽曲、トイピアノ、小さい箱庭、ソフトロック、
多調、印象派。

作曲家・ピアニスト・ソロアーティストとして、
ゲーム音楽等で活躍、トイピアノや小物楽器も操る深水チエ。
近年、映画音楽での活躍が顕著な作曲家きだしゅんすけ。

音楽へ真っ直ぐ向かう、暖かくてスリリングなアンサンブル。

これまでに「stitch」「hvit」と2枚のアルバムを発表している。






flyer0717.jpg



【Little Lounge* Little Twinkle レコーディングに行ってきました その4 9/7 21:00 〜Little Lounge* Little Twinkle アルバム制作風景3】


さて、ようやく今日のレコーディングも一区切り。木田さん、チエさん、皆さん、おつかれさまでした!
最後にタゴスタジオ高崎、多湖さまより、Little Lounge* Little Twinkleヒット祈願の白いだるまを頂いて3人でパチリ!
TAGO20150907TAGOSTUDIO11.png

木田さん、チエさん、そして多湖さん、皆さんよい表情ですね!

Little Lounge* Little Twinkleレコーディング記念に壁にサインをされました!
TAGO20150907TAGOSTUDIO12.png

お二人とも満面の笑顔ですね!!

こちらはレコーディング後に撮影したのですが、演奏の雰囲気が伝わる動画もぜひご覧ください。

木田さん、チエさんとグランドピアノの上にしっかり居るのは、白のだるま!
もうこんな機会を経験できて(しかも大好きな「逃げてやる!」こうして生で聴けたんですって!)、ワタナベ贅沢すぎ!というお叱りも覚悟で言いますが、ほら、いいでしょー?

音の細部にまで神経を巡らし、高い音楽性に裏付けされた楽曲全てが心地がよくて、生で聴けたのが贅沢なほど。これからもアルバム制作は続くのですが、この楽曲が入ったアルバム、来春の発表がかなり楽しみですね。

もう言葉で説明するのが野暮というもの。来春のアルバムぜひ聴いてみてください。
アルバムが出る一足先に26日のライブでも一部の楽曲が聴けると思います。そちらでもお楽しみに!

レコーディング潜入レポ。最後でお読み頂きありがとうございます。
ライブ会場で皆様にお会いできるのを楽しみにしています!お気軽にお声かけくださいませ~m(_ _)m

【Little Lounge* Little Twinkle レコーディングに行ってきました その3 9/7 17:00 〜Little Lounge* Little Twinkle アルバム制作風景2】

こちらはレコーディング合間の打ち合わせの様子です。
TAGO20150907TAGOSTUDIO08.png
真剣な表情の木田さん、チエさん。

そして、ファンの皆さんの中でも、この音色が好きな方も多いと思いますが、
エさんのトイピアノを演奏されている様子。素敵です。TAGO20150907TAGOSTUDIO09.png

アルバムのどの曲に入っているかは・・・楽しみですね! 

そしてこちらは木田さんのギター演奏の様子をガラス越しにこっそり撮ってみました。
演奏部分のレコーディングも佳境を迎え、いよいよ大詰めといったところです。
TAGO20150907TAGOSTUDIO10.png

演奏部分のレコーディングは無事に終了。
そしてお二人の歌入れが始まったのですが、この辺りは写真ではなくぜひ楽曲で楽しんでいただけたら!
木田さん、チエさんの歌声が心地よく融合されてひとつの声にさえ聴こえ、2人の声で1つの楽器を奏でているようです。

コーディング潜入レポ、まだまだ続きますよ~。